家族で防災について話し合うことが、もしもに備える第一歩!

家族防災会議を開き『我が家の防災ルール』を決めましょう!

 
 自然災害、特に地震はいつどこで起きるかわかりません。家族が離れた場所で過ごしている時に地震が来たら・・・大切なお子さんを守ることが出来ますか?

 災害時は大人も子どもも自分の命は自分で守らなければなりません。しかし、子どもは知識や判断力、行動力がまだまだ未熟です。だからこそ、災害が起きた時のことを想定して、家族一人ひとりがどのように行動すれば良いのかを子どもと一緒に決めておくことが重要です。

 そして、災害後の生活についても家族みんなで考えなければなりません。家族構成や年齢、住んでいる地域の災害リスク、マンションなのか戸建てなのか、それぞれの家庭によって状況が全く違います。防災本やネットに掲載されている情報はあくまで参考例です。自分たちの備えは自分たちで考え、「我が家の防災」にカスタマイズする必要があります。

 家庭での防災にありがちなのが、誰か一人が知識を学び、備えていることで安心してしまっていることです。いつどこで起こるかわからない災害時、知識を持った人が家族と一緒にいるとは限りません。もちろん、その人が家に居るとも限りません。せっかく備えていても、他の家族が備蓄品の保管場所を知らなかったり、グッズの使い方を知らなければ、いざという時に使うことが出来ません。
 
 もしもの時に、家族の命を守るためには、家族全員が防災の知識を持つことが重要です。子どもも知識を持っておく必要があります。家族みんなで災害時の行動や備蓄品について話し合い、我が家の防災ルールを作ることが災害への備えの第一歩です。

 

家族防災会議アドバイザーの森絹代が、具体的に何を話し合えば良いのか、防災ルールを決める上で必要な知識やポイントをお伝えします。

子育てをしている親の一人として、我が家で取り組んでいる事例や今日から取り組むためのコツなどを盛り込んだ実践的な防災講座です。